工場・畜舎などの冷却なら全自動屋根散水装置「屋根クール」|株式会社カーネル

工場・倉庫・畜舎の遮熱をご検討のオーナー様へ こうのようなお悩みはありませんか?

そもそも建物内の温度上昇はなぜ起こる?暑さの原因は屋根にあり!
そもそも建物内の温度上昇はなぜ起こる?暑さの原因は屋根にあり! 工場倉庫畜舎などの室内温度が上がる最大の原因は屋根の熱です。直射日光を受ける屋根は温度が上がりやすく、真夏には70℃前後まで上昇します。素手で触れば火傷してしまうような熱が屋根から室内に伝わり、工場内の気温を上昇させるのです。特に工場や倉庫の場合は屋根裏スペースがないので、熱が室内全体に伝わりやすいという傾向があります。…詳細ページはこちら

これらのお悩み”屋根クール”が解決します!

メリットその1
全自動散水でらくらく運用

休業日などに散水を止める「散水日時設定」を搭載。また、スプリンクラーに内蔵された「温度センサー」「雨センサー」で気温や天候に応じた散水制御、施設規模に合わせて散水の調整ができる「散水量調整」などにより、全自動で最適な散水を行います。
…詳細ページはこちら

メリットその2
大幅コスト節約

休導入費用や運用コストが安いことも屋根クールの特徴です。1ヵ月の運用費は電気代約300円に加えて水道代3,000~5,000円と経済的(上記は川口市での実験データ)。また、室温が下がれば、冷却効率がアップしてエアコン代の節約にも効果的です。
…詳細ページはこちら

メリットその3
快適空間を実現

エアコンがない真夏の工場・倉庫は、室内温度が40℃近くになることもあります。そんな環境では仕事がはかどらないばかりか、熱中症になってしまう危険性もあります。屋根クールは、そんな作業スタッフの負担を少しでも減らしたいという想いから生まれました。
…詳細ページはこちら

実験データから大幅な温度低下を証明

屋根クール設置により、室内温度最大5℃低下!工場に屋根クールを設置した場合、室内温度が最大5℃ほど低下したデータもあり、屋根クールの冷却性能に注目が集まっています。たった5℃と感じるかもしれませんが、風が通らない工場内での5℃の変化は非常に過ごしやすく感じられるはずです。屋根クールは工場や倉庫のほか、畜舎などさまざまな場所に取り付け可能です。

実験データから大幅な温度低下を証明

新着情報 & NEWS

導入事例・料金

工場・畜舎の稼働ストップ必要なし!最短1日で工事完了 導入までの流れ

工場・畜舎の稼働ストップ必要なし!最短1日で工事完了 導入までの流れ
詳しくはこちら

弊社は自動車用のワイヤーハーネスをはじめ、産業用電子機器の設計・製造などを行っている企業です。開発当時、弊社の生産現場で働くスタッフは、扇風機のみという環境で作業を行っていました。そんな姿を見て「なんとかスタッフの負担を減らしたい」と感じたのが、屋根クールを開発したキッカケです。

とにかく手軽に低予算でできる冷却方法はないか――。私は日本ならではの「打ち水」にヒントを得て、屋根に水をかけることで室内温度を下げることにしました。そのアイディアを実現するために、私たちの専門だった制御システムを活かして完成したのが「屋根クール」です。工場や倉庫、畜舎などで暑さに悩んでいる皆様のお役に立ちたいという想いのもと、屋根クールの製造・販売を行っています。 詳しくはこちら