最適な散水コントロールで手間なし、エコに屋根を冷却

株式会社カーネルが全自動屋根散水冷却装置「屋根クール」を開発した経緯をご紹介します。弊社の社長が「屋根クール」を開発した理由、そして込めた想いをご覧ください。

全自動散水のメリット

Story1 スタッフの負担を少しでも軽減してあげたい 弊社は、自動車用のワイヤーハーネスをはじめ、産業用電子機器の設計・製造などを行っています。今から11年前、弊社工場には空調設備がありませんでした。暑い夏の日にも扇風機のみという過酷な環境で行う作業。そんな中で私は、なんとかスタッフの負担を減らすことはできないかと考えていました。
Story2 屋根に水をまくことはできないか そんなある日、真夏でも夕立があると涼しくなることに気づきました。同じように屋根に水をまくことができれば、快適な工場環境を作れるのではと考え、試作品として屋根散水装置を製作しました。その効果はすばらしく、スタッフからは大変好評でした。
Story3 日本ならではの「打ち水」の効果を実感 日本には、真夏に軒先に水をまく「打ち水」という風習があります。先人たちが行ってきた「打ち水」の気化熱を利用し、そこに最新の制御システムを組み合わせることで屋根表面の温度上昇を抑える装置「屋根クール」が生まれました。
開発当初の試作品はタイマーで稼働するだけのシンプルなものでしたが、改良を重ねて2009年には完全自動化簡単取り付けに成功。「屋根クール」には弊社の本業である「制御技術」「もの作り」のノウハウが凝縮されているのです。

屋根クール開発ストーリー

~想い~暑さに悩む皆様のお力になるために
暑さに悩む皆様のお力になるために――
全自動散水装置「屋根クール」は、もともと弊社のスタッフのために製作したもので、商品化するつもりはありませんでした。しかし、「効果の高さ」「取り付けの手軽さ」「費用の安さ」などのメリット、そして真夏の暑さに困っている工場の多さから商品化に踏み切りました。

現在では工場・倉庫以外にも養鶏場や牧場など、さまざまな場所で「屋根クール」を導入いただいています。少しでも手軽に、より多くの方に使っていただくため、弊社では可能な限り低価格で「屋根クール」をご提供しています。暑さに悩まされている皆様のために、きっとお役に立てるものだと信じています。

株式会社カーネルはアイディアを具体化する技術を持っています

弊社は自動車用ハーネスや産業用電子機器の設計・製造を行ってきました。また、自動車のエンジン自動スターターや自走式作業台車などの開発を行い、特許を取得するなど技術力を磨いてきました。同時にISO9001やJIS Q 9001なども取得。その技術から生まれた「屋根クール」は、川口市が選ぶ「川口いいものブランド」にも認定されています。

無料見積もり・資料請求はこちらから 048-294-5261